Title_media

【MEDIA情報・望月みゆ】2018.11.06(Tue)〜2018.11.11(Sun)開催「ベース女子写真展2018」に望月みゆが参加致します。

2018.10.16 MEDIA
【概要】
ベース女子写真展2018
 
11月6日(火)〜11月11日(日)の6日間
“ベースと女子”をテーマにした写真展を開催!!
 
“11月11日=ベースの日”の前後に行なわれる、ベースを手にする女性たちによるフォト・エキシビジョンの開催が決定しました!昨年、トークイベント時に長蛇の列が下北沢に出現するなど、“現象”となった本イベント。今年は【プロデュース:あいにゃん(SILENT SIREN)・カメラマン:魚住誠一】という組み合わせで開催します。あいにゃんをはじめ、西本りみ(Poppin’Party?from BanG Dream!)、望月みゆ(バンドじゃないもん! )、増井みお(BabooBee )、内山あみ(ロッカジャポニカ)という、豪華絢爛なラインナップが集結! 写真展、トーク・イベントといった多角的な展開により、ベース・シーンを盛り上げます。
 
【展示期間】
  2018年11月6日(火)〜11月11日(日)の6日間
 
【展示場所】
下北沢バロンデッセ3階ギャラリー
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目30-11
 
【展示概要】
・6部屋に分割されたギャラリーの特性を活かし、ひとり1部屋の展示ブースを作る。
・展示写真は額装した状態で1点ものとして販売
・別会場でトーク・イベントも開催(昨年は最終日に開催)
 
【出演者】
 ・あいにゃん(SILENT SIREN)
 ・西本りみ(Poppin’Party?from BanG Dream!)
 ・望月みゆ(バンドじゃないもん! )
 ・増井みお(BabooBee )
 ・内山あみ(ロッカジャポニカ)
 
カメラマンプロフィール
■魚住誠一
1963年12月13日、愛知県生まれ。高校時代はインディーズ・ロック・バンドでヴォーカルを務める。スタジオ・アシスタントを経て1994年よりフリーのカメラマンとして活動。1998年より拠点を東京に移す。2005年、初の著書となる『おしゃれなポートレイトの撮り方』(マーブルトロン)を出版。以降、『魚住誠一 ポートレートスタイル』『ガーリッシュ・ポートレート撮影講座』(ともに玄光社)など、数々の著作を発表する。2017年11月にはSHIZUKA(Chelsy)の“SHIZUKA LoveLace写真展”を展開、さらに同年12月には『月刊シリーズ』写真集制作プロジェクトの一環で、槙田紗子との写真集×写真展を撮影するなど、多角的に活動を展開している。さらに、DEADCLAWのヴォーカルとしても活躍。2017年12月13日にミニ・アルバム『COLD DEFIANCE』をリリース。2017年春からは、 「函館ポートレート」として池田ショコラ、槙田紗子、三原勇希を季節ごとに撮影。現在、写真界で最も動向が注目される写真家である。
 
 
ベースの日とは?
縦に真っ直ぐな棒が4本…これって4本の弦に見立てれば、まさにベース!
「ベースの日」とは、どうしたら「ベースがさらに市民権を得られるか」を考えてみたり・・・
どうしたら「ベースという楽器のすばらしさを知ってもらえるか」を考えてみたり・・・
「ベースという楽器を通して、音楽とふれあえるきっかけをもっと作っていこう!」いう日です。
※日本記念日協会認定済
 
11月11日に、「ベース」という楽器への興味関心が高まることをきっかけに
音楽そのものへの興味と、より深く幅広い音楽への接し方を啓蒙することを目的に、
「ベースの日」を盛り上げていく。